ALSpineToAed


目次

1. 概要
2. 基本的な使い方
3. コマンドラインオプション

第1章 概要

ALSpineToAedとはSpineで生成した各種データから、aedファイルを生成するツールです。

第2章 基本的な使い方

コマンドラインは以下のようになります

ALSpineToAed spineファイル [オプション] 

spineファイルはSpineのエクスポート機能を用いて出力されたファイル群で

JSON形式のファイル(.json)と、パックされたテクスチャアトラス形式のファイル(.atlas .png)が必要となります。

エクスポート時の各ファイルの名称はスケルトンに設定した名称が使用されるので

この名称をspineファイルに指定してください。

第3章 コマンドラインオプション

コマンドラインオプションは、入力ファイル名の前、後どちらにでも記述できます。 また、大文字小文字は区別しません。

  • -BasePath 基準パス

    各種パスの基準パスを指定します。

    各種ファイル名指定やパス指定は、このパスが基準となります。

    指定がなければ入力ファイルのある場所が基準パスとなります。

    この基準パスの指定は、カレントパスが基準となりますのので、例えば . を指定すると各種パスの基準がカレントパスになります。

  • -OutPath 最終データ出力パス

    最終データ出力パスを指定します。

    このツールが出力するデータのうち、最終出力に相当するファイルを出力するパスを指定します。

    指定がなければ基準パスを使用します。

  • -OutFile 最終データファイル名

    最終データのファイル名を指定します。

    拡張子を指定しても無視され、フォーマットに合わせた拡張子が設定されます。

    省略時は入力ファイルと同じ名前が使用されます。

    基準パスは最終データ出力パスです。

  • -TexturePath テクスチャ出力パス

    テクスチャ出力パスを指定します。

    コンバート時に出力する画像ファイルはこのパスに保存します。

    指定が無ければ、最終データ出力パスを使用します。

  • -NodeIDList ノードID一覧を読み書きするリストファイル名

    このファイルを指定すると、ウィジェットのノードIDに自動的に値が設定され、

    その一覧がここで指定したリストファイルに記録されます。

    リストファイルに記録されているノードIDは保持されるため、

    一度設定したノードIDはコンバートを繰り返しても保持されます。

    このファイルの中身を空にすると、ノードIDを新規に設定し直します。

  • -NodeBaseID ノードIDの初期値

    NodeIDListを使用してノードIDを自動的に設定する場合の開始値を指定します。

    省略時は1になります。

  • -NodeIDHeaderFile 出力ヘッダファイル名

    NodeIDListを使用してノードIDを自動的に設定する場合、そのリストを出力するヘッダファイル名を指定します。

    このファイルをプログラムからincludeする事で、自動設定されたノードIDをシンボルで使用することが出来ます。

  • -NodeIDHeaderPrefix ノードID一覧のヘッダファイルで使用するプレフィックス文字列

    NodeIDHeaderFileを使用してノードID一覧をヘッダファイルに出力する場合のプレフィックスを指定します。

    省略時は入力ファイル名の拡張子を除いた物がプレフィックスとして使用されます。

  • -UseDrawLink 

    ベースノードにDrawLinkフラグを設定します。

    このオプションを設定する事で、このデータに含まれるノードは一括表示され、

    ノードの登録順がそのまま描画順になり、他のノードの描画時に間に挟まることはありません。

    なお、このオプションが無い場合、同一の描画プライオリティの描画順は不定です。

  • -IPInterval フレーム単位の間隔

    線形以外の補間を展開するときの間隔を指定します。

    このコンバータでは線形以外の補間は、指定フレーム毎に展開します。

    デフォルトは2で、2フレーム毎に展開します。

  • -CleanTexturePath 

    テクスチャを生成する際、指定したテクスチャ出力フォルダを消してから生成するようにします。

    このオプションを指定しない場合は、一度テクスチャ出力フォルダに出力した画像はそのまま残ります。

  • -NoRepeat 

    出力するモーションをループなしに設定します

  • -WorkPath 中間ファイル出力パス

    中間ファイル出力パスを指定します。デフォルトでは_workです。このフォルダは削除しても問題ありません。

  • -NoteTrackFile ノートトラックの設定ファイル名

    このファイルを指定すると、イベントに対応するノートトラックIDに自動的に値が設定され、

    その一覧がここで指定した設定ファイルに記録されます。

    設定ファイルに記録されているノートトラックのIDは保持されるため、

    一度設定したノートトラックのIDはコンバートを繰り返しても保持されます。

    このファイルの中身を空にすると、ノートトラックのIDを新規に設定し直します。

  • -NoteTrackBaseID ノートトラックIDの初期値

    NoteTrackFileを使用してノートトラックIDを自動的に設定する場合の開始値を指定します。

    省略時は1になります。

  • -NoteTrackHeaderFile 出力ヘッダファイル名

    NoteTrackFileを使用してノートトラックIDを自動的に設定する場合、そのリストを出力するヘッダファイル名を指定します。

    このファイルをプログラムからincludeする事で、自動設定されたノートトラックIDをシンボルで使用することが出来ます。

  • -NoteTrackHeaderPrefix ノートトラックID一覧のヘッダファイルで使用するプレフィックス文字列

    NoteTrackHeaderFileを使用してノートトラックID一覧をヘッダファイルに出力する場合のプレフィックスを指定します。

    省略時は入力ファイル名の拡張子を除いた物がプレフィックスとして使用されます。

  • -TextureIDList テクスチャIDリストファイル名

    テクスチャIDリストを指定します。

    テクスチャIDリストとは、

    テクスチャ名=テクスチャID

    という形式で記述したテキストファイルで、ここに記述されたテクスチャは指定されたIDが使用されます。

    また、ここにないテクスチャは自動でIDが割り当てられ、このファイルに追加されます。

    手動で用意したり編集する必要は無く、自動で生成され更新されます。

  • -TextureBaseID 基準ID

    テクスチャのみで使用する基準IDを指定します。

    IDの無いテクスチャはこのIDから順に使用されます。

    省略時は1になります。

  • -TextureIDHeaderFile 出力ヘッダファイル名

    TextureIDListを使用してテクスチャIDを自動的に設定する場合、そのリストを出力するヘッダファイル名を指定します。

    このファイルをプログラムからincludeする事で、自動設定されたテクスチャIDをシンボルで使用することが出来ます。

  • -TextureIDHeaderPrefix テクスチャID一覧のヘッダファイルで使用するプレフィックス文字列

    TextureIDHeaderFileを使用してテクスチャID一覧をヘッダファイルに出力する場合のプレフィックスを指定します。

    省略時は入力ファイル名の拡張子を除いた物がプレフィックスとして使用されます。

  • -NoMotionDefaultValue 

    各モーションにそのモーションで使用されていないプロパティがあった場合の初期値の適用を行わないようにします。

    前のモーションからプロパティ値を引き継ぎたい場合に使用します。