ALSoundConv


目次

1. 概要
2. 基本的な使い方
3. コマンドラインオプション

第1章 概要

ALSoundConvとは、wavファイルからAqualeadで使用する管理情報を付随したasnフォーマットのファイルを生成するツールです。 oggやmp3にエンコードすることも可能です。

Aqualeadではwav、ogg、mp3を直接使用する事も可能ですが、asnに変換することでループ情報の有無、基準ボリューム、ID等の設定が可能になります。

第2章 基本的な使い方

基本的な使い方は

ALSoundConv 入力wavファイル [-OutPath 出力パス ] [-OutName 出力ファイル名]

です。

オプションの指定がなければ、wavファイルの拡張子をaftに変更したファイルが出力されます。

第3章 コマンドラインオプション

コマンドラインオプションは、入力ファイル名の前、後どちらにでも記述できます。 また、大文字小文字は区別しません。

  • -BasePath 基準パス

    各種パスの基準パスを指定します。

    各種ファイル名指定やパス指定は、このパスが基準となります。

    指定がなければ入力ファイルのある場所が基準パスとなります。

    この基準パスの指定は、カレントパスが基準となりますのので、例えば . を指定すると各種パスの基準がカレントパスになります。

  • -WorkPath 中間ファイル出力パス

    中間ファイル出力パスを指定します。デフォルトでは_workです。このフォルダは削除しても問題ありません。

  • -OutPath 最終データ出力パス

    最終データ出力パスを指定します。

    このツールが出力するデータのうち、最終出力に相当するファイルを出力するパスを指定します。

    指定がなければ基準パスを使用します。

  • -SeparateSoundPath Separateオプション使用時のサウンド実体部分出力パス

    Separateオプション使用時のサウンド実体部分出力パスを指定します。

    デフォルトではOutPathで指定される最終データ出力パスが使われます。

    Separateオプション未使用時は無視されます。

  • -OutFile 最終データファイル名

    最終データのファイル名を指定します。

    拡張子を指定しても無視され、フォーマットに合わせた拡張子が設定されます。

    省略時は入力ファイルと同じ名前が使用されます。

    基準パスは最終データ出力パスです。

  • -Mp3 

    サウンドをmp3フォーマットに変換します。

    コンバート時にはlame.exeを使用するため、PATHにlame.exeがある必要があります。

  • -Ogg 

    サウンドをoggフォーマットに変換します。

    コンバート時にはoggenc2.exeを使用するため、PATHにoggenc2.exeがある必要があります。

  • -Loop 

    サウンドをループ再生としてコンバートします。

    あらかじめwavにループ位置が入っていれば、このオプションがなくてもループ再生としてコンバートされます。

    デフォルトではループ無しです。

  • -NoLoop 

    wavにループ指定があってもサウンドをループなしとしてコンバートします。

  • -Separate 

    主にブラウザ版向けに、管理領域とサウンドの実体部分を別ファイルで出力します。

    このオプションを指定すると、Aqaualead用サウンドファイルであるasnにはwav,mp3,ogg等のサウンドの実体部分のパスと管理情報のみが記録され、

    サウンドの実体部分は別ファイルとして出力されます。

  • -Bitrate コンバート時のビットレート

    mp3,ogg変換時のビットレートを指定します。

    省略時はコンバートで使用する各exeのデフォルト値が使用されます。

    指定した場合、各コンバートexeの-bオプションとして使用されます。

  • -SarList Sarファイル名

    .sarファイルと、SarListファイルを生成するオプションです。

    .sarとは.aar(Aqualeadで使用するアーカイブ)を生成するための設定ファイルです。

    .sarは、以下のように記述します。IDはデータの種別が違えば同じものを使用できます。

    Tex.bmp=0x1000

    sample1.amt=0x1000

    sample2.amt=0x1001

    .aarを作成する時にはデータごとにIDを設定する必要があるため、.sarが必要になります。

    SarListは、.csvなどのデータが存在する時、そのデータ用の

    .sarをincludeするためのファイルです。以下のように記述します。

    [CheckInclude]

    Test1.sar,../Test1.xls

    Test2.sar,../Test2.xls

    Test3.sar,../Test3.xls

    [CheckInclude]は、ALMakeArc関数を実行する時にカンマで区切った二番目のデータが存在すれば、

    一番目の.sarをincludeする構文です。

    例えばTest1.xlsが二番目の項目で指定されたパスに存在すれば、Test1.sarをincludeします。

    ALMakeArc( "_work/SarList.sar ../../Data/Tests.aar" );

    ALMakeArc関数の実行時、リストの最後の項目(Test3.csv)までCheckIncludeを行い、

    存在するすべての.csvを一つのTests.aarファイルにまとめて生成します。

  • -BaseID 基準ID

    コンバートの基準となるIDを指定します。コンバートしたファイルはこのIDから順に使用します。

    数値は0xをつける事により16進数が使用可能です。

  • -SoundIDList アセンブルIDリストファイル名

    サウンドのIDを記録するファイルを指定します。

    指定したファイルが存在しない場合は新規に作られます。

    サウンドを出力するとき、このファイルにIDの指定があればそのIDが使用されるようになります。

    新規に出力するサウンドが、このファイルに登録がなければ登録されます。

    このファイルを使用する事で、サウンドのIDが後からずれないようにする事が出来ます。

    手動で用意したり編集する必要は無く、自動で生成され更新されます。

  • -SoundIDHeaderFile サウンドIDのヘッダファイル名

    サウンドIDをC言語のヘッダとして出力するファイル名を指定します。

    この出力されたヘッダファイルをインクルードする事で、

    プログラムでサウンドロード時にこのシンボルを使用できるようになります。

    SoundIDHeaderPrefixの指定があれば、それがプレフィックスとして使用されます。

  • -SoundIDHeaderPrefix サウンドIDのヘッダで使用するプレフィックス

    サウンドIDをヘッダファイルとして出力するときのプレフィックスを指定します。

  • -OggQuality ogg変換時のクオリティ

    ogg変換時のクオリティを指定します。

    指定した場合、oggenc2の--qualityオプションとして使用されます。

  • -BaseVolume サウンドの基準ボリューム

    このサウンド再生時の基準ボリュームを設定します。

    波形データの変換は行わず、実行時のALSoundのボリュームとしてこの値が設定されます。

    再生時には、このボリューム、ALVoiceのボリューム、ALSoundPlayerのボリュームが乗算されたボリュームで再生されます。